テレビコマーシャルなどでもよく目にするようになったカードローンですが、カードを発行していれさえすればいつでも必要な分のお金を借入れできとても便利です。

 

今では消費者金融だけにとどまらず、銀行でもカードローンを提供しています。
このように、多くの金融機関がカードローンを扱っていますから、カードローンを利用する際に大切になってくるのは自分のニーズにあった会社を探すことです。

 

銀行、そして消費者金融のカードローンのメリット、デメリットを把握してから利用しましょう。

 

では、この記事では銀行と消費者金融の審査について調べてみましょう。

 

銀行のカードローンの審査の速さそして審査の通りやすさは?

銀行のカードローンは人気がとても高いようです。
その理由の一つには金利が低く設定されていることにあります。そして、消費者金融に適応される、総量規制という法律(年収の3分の1以上は借入れ不可)が銀行には適応されませんから、消費者金融より借入れできる額が大きいというのにも人気の理由があるのかもしれません。

 

銀行のカードローンと聞くと「審査に時間が掛かるのでは?」と思う方も多いいようです。
お金が必要になるのは、急にやってくるものです。思ったより審査に時間が掛かってしまっては本当に必要な時に借入れできないので困ってしまいます。

 

では、銀行のカードローンの審査はどのくらい時間が掛かるのでしょうか?

 

例えば、
カードローンを取り扱っている銀行の中に三井住友銀行カードがあります。
三井住友カードローンの審査に掛かる時間は最短30分となっています。
これは、銀行の中でもとても速いといえます。

 

また、三菱東京UFJ銀行は、三井住友と同じく最短30分で審査の結果がでるようです。

 

他にも、カードローンを提供している銀行にはみずほ銀行があります。
みずほ銀行のカードローンは即日可能となっていますから銀行のカードローンの審査もスムーズにいくなら速く終了するでしょう。

 

今では銀行も消費者金融のようにスピード審査を全面的にアピールして顧客を獲得しています。しかし、あくまで「最短」であるということ覚えておきましょう。

 

やはり、銀行での審査は厳しいのが現状です。
「審査最短30分」と広告で謳ってはいても、実際には時間が掛かってしまうことも多いようです。

 

消費者金融の審査事情は?

 

銀行のカードローンの進出にも関わらず、依然と人気が高い消費者金融のカードローンですが一番のメリットは、はやり審査のスピードの速さといえるでしょう。

 

大手消費者金融といわれている、アコム、アイフル、モビット、プロミスですが審査のスピードを比較してみましょう。

アコム→審査終了まで最短30分

アイフルの公式サイトでは、申し込み前に借入れ可能か3秒で判断できるサービスも行っています。

 

アイフル→審査終了まで最短30分

アイフルでもアコムと同じく事前に融資が可能か判断できるサービスを行っています。

 

アイフルの場合1秒となっていますから、アコムより速く知ることができます。

プロミス→審査終了まで最短30分

プロミスも上記の2社と同じサービスを行っており、3秒で借入れ可能か判断できます。

 

モビット→即日融資可能

モビットも他社と同じように10秒で判断借入れ可能か判断できます。

 

借入れ可能かどうかのサービスはあくまで簡易的なものなので、審査に確実に通るという保証ではありませが、借入れできる可能性が有ると分かった上で申し込みすることができるのはすこし安心感があるといえるのではないでしょうか。

 

このように見てみても、大手消費者金融の審査の終了までの時間が速い事が分かります。
ですが、これだけみても、銀行のカードローンと審査結果のまでの速さとの差がないように思えます。

 

ですが、実際、消費者金融は銀行より審査に比較的通り易いといわれていて、その結果審査終了も銀行より速いようです。また、審査終了が速いですから即日融資の点でも銀行より優れています。審査の結果までのスピードの速さ、そして即日で融資可能というメリットが多くの人に支持されている理由の一つでしょう。

 

まとめとして

消費者金融と銀行のカードローン双方ともにメリットデメリットは存在します。
銀行のカードローンは、銀行というだけで安心感がありますし、金利も低く設定されているので返済の際の負担は少なく済むでしょう。

 

ですが、審査の速さの点では消費者金融より劣るので、即日融資を考えている方には大手の消費者金融でのカードローンがよいかもしれません。

 

また、銀行には審査に通らなかった方も、消費者金融では審査に通ったということも多々あるようです。消費者金融は銀行より審査に通りやすい分、金利は高く設定されています。気が付いたら返済額が膨らんでいたということもありますから、利用する際は十分の注意が必要です。消費者金融のサイトでは返済シミュレーションがありますから、利用しても良いかも知れません。

 

消費者金融、銀行共にカードロードローンの審査をスムーズにするためできることはあります。申しこむ時間帯や、申し込みの際必要な書類の準備、そして、申し込み用紙に記入する際は正直に、そして空白のないように注意しましょう。

 

消費者金融にせよ銀行にせよ、カードローンを利用する際は返済計画のもと借入れしましょう。